ビーグレン QuSomeホワイトが高い美白効果が期待できる理由は?

ビーグレン QuSomeホワイトは独自成分で高い美白効果が期待できる!

MENU
ビーグレン QuSomeホワイトは独自成分で高い美白効果が期待できる!

ビーグレン QuSomeホワイトは独自成分で高い美白効果が期待できる!

独自の漂白成分でしみを薄くするビーグレン

しみを予防するための美白化粧品はたくさんありますが、今あるシミには効果が薄いです。しかし30代以降の肌は、シミなどのトラブルが急に増えてくる時期ですから、予防だけでなくしみを消したいと思っている人が多いです。
そんな今あるシミに悩んでいる方に使っていただきたいのがビーグレンです。

 

美白化粧品が今あるシミに効きにくい理由とは?

シミは肌が紫外線を受けてメラニンを発生することで作られるため、美白化粧品を使って紫外線を防いで、メラニンができにくい肌を作ります。しかしそれでは、これから出来るしみを抑えられても今あるシミには効果が出ません。今あるシミに働きかけるには、通常の美白化粧品よりも奥まで美白成分を届けなければいけません。

 

美白成分が肌の奥まで届かないのはなぜ?

美白効果が高い成分にハイドロキノンがありますが、水溶性のため皮脂に弾かれてしまいます。そのため、せっかくの美白成分も奥まで届かないため美白効果が薄いです。美白効果を上げるためにハイドロキノンの濃度を上げれば、今度は肌への刺激が強すぎるために特に30代以降の敏感になった肌にはトラブルの原因になります。シミをなくして肌を守るためには、肌の奥まで成分を届かせる技術が必要です。

 

ビーグレンなら、今あるシミにも効果を出せるの?

ビーグレンは独自開発のQuSomeテクノロジーが使われています。QuSomeによって美白成分は肌に浸透しやすいぐらい細かくなって皮脂に近い成分で包まれていますから、皮脂に邪魔されることなく肌の奥まで成分が届きます。そうすれば、肌の奥から美白することができますので、今あるシミもだんだんと薄くなります。

 

⇒⇒キャンペーン詳細

 

美白化粧品「ビーグレン QuSomeホワイト」のおすすめポイント!

独自のQuSomeエイジリカバーコンプレックスでしみのこびりつきを防ぐ
独自のQuSome化ハイドロキノンがメラニンを働いてしみを改善する
独自のQuSome化アルブチンが今あるしみを薄くする
独自のQuSome化ビタミンCでシミを薄く出来る肌質に変える
独自開発のQuSomeテクノロジーで美白成分を肌の奥まで届ける

 

 

美白化粧品「ビーグレン QuSomeホワイト」の口コミ

顔全体が明るく変わってきた

 

大きなシミが目立つようになってきてどうにかしようとビーグレンを使うようにしたのですが、はっきりしていたシミもだんだんと薄くなってきましたし顔全体が明るく変わってきましたので、悩みのシミが消えるのを期待しています。


悩みのそばかすが薄くなってきた

 

夏の間にもともとあるそばかすが濃くなったような気がして、どうにかしようとビーグレンを使い始めました。数日したらそばかすが薄くなってきて、ファンデーションで隠す必要がなくなってきましたのでうれしく思っています。


頑固なシミには効かなかった

 

肌なじみよく使い心地も良かったので気に入って使っていたのですが、残念ながら私のシミが頑固すぎたのか、シミを消すことまではできませんでした。ビーグレンに使われている美白成分が私のシミには効かなかったようです。


「※口コミはあくまで個人の感想です」