美白化粧品はできてしまったシミにも効果があるの?

できてしまったシミに働きかける成分入りのものを選ぶ

MENU
できてしまったシミに働きかける成分入りのものを選ぶ

できてしまったシミに働きかける成分入りのものを選ぶ

30代に入ると、自分でもくすみやしみがあることに気がつきます。
そこで美白化粧品の必要性に気づく人も多いのですが、すでにできてしまったシミやくすみを解消することが美白化粧品に求められます。

 

シミを作る原因は何?

しみを作っているのはメラニン色素です。
人の肌は外にいる時だけでなく部屋の中にいても紫外線にさらされています。
紫外線を受けると人の肌からメラニン色素が分泌されて沈着してシミの原因となるのです。

 

紫外線以外に、大人ニキビなどの吹き出物の跡がシミとなって残ることもありますし、睡眠不足やストレスなどの生活習慣から代謝が悪くなって染みができることもあります。

 

美白成分は肌に刺激が強すぎはしない?

すでにできているしみを解消する効果を期待すると、効果がある美白成分は肌に強すぎるのでは、と心配になります。特に、ちょっとした刺激でもトラブルを起こしやすい敏感肌の方は化粧品選びに慎重になりますよね。

 

たしかに、美白成分の中には肌に刺激が強いものも存在します。
たとえばハイドロキノンはシミに効果が高い美白成分なのですが、そのまま化粧品に入れただけでは肌に刺激になって肌荒れなどになりかねません。
30代を超えるとこれまでは刺激に強かった肌も弱くなってきますから、効果が高いとわかっていてもトラブルを起こしかねない成分が入った化粧品は使えません。

 

シミに効果があるだけでなく美白効果も高い成分はあるの?

肌トラブルを起こすわけにはいきませんが、低刺激だけで美白効果のない化粧品を使い続けても意味がありません。しかし、美白化粧品の中には、肌に影響がない状態で美白効果だけを出すことが出来るものがあります。

 

肌に刺激が強いハイドロキノンもマイクロカプセルの形で肌の奥に届いて初めて効果を発揮するようにすれば、肌に影響をあたえることがありませんからトラブルを起こす心配はありません。
また、植物などに入っているビタミンC誘導体など、美白に効果が高い成分が入った美白化粧品を使えば、肌に優しいですからトラブルを起こすことがありません。

 

敏感肌の方でも安心して使い続けることが出来る美白化粧品もあります。
ランキング上位の美白化粧品は、美白はしたいけれど吹き出物ができるなどすぐに肌トラブルを起こしてしまうという方でも、安心して使うことが出来るように作られています。
刺激が強いから無理だろうと美白を諦めずに、肌に優しく作られている美白化粧品を選んで、くすみのない美肌を取り戻しましょう。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

これから出来るシミを予防できるコスメを選ぶ
30代になると、今までなかったはずのシミがある日急にできることもあります。シミができたら消すまでには時間がかかりますから、シミができないように予防することが必要です。シミやくすみを予防するためにも、美白化粧品は効果を発揮します。
自分の肌に合う化粧品を選ぶ
肌の調子は年を追うごとに変化しますから、いつも同じものを使えばいいわけではありません。同じ美白化粧品を使い続けていても、肌に合わない化粧品を使っていては効果を得られません。自分にあった化粧品に常に変えていく必要があるのです。
保湿効果も高い美白化粧品を選ぶ
美白さえすれば美肌を維持することが出来るわけではありません。お肌の曲がり角を超えて30代を過ぎると、肌の水分量は目立って少なくなります。水分を保持する力も衰えてきますから、美白と同時に保湿効果が高い化粧品選びが大切です。
肌のターンオーバーを促すものを選ぶ
若いころはターンオーバーの時間も短く、常に新しい元気な肌がある状態なのですが、年齢とともに衰えます。ターンオーバーがうまく行かなければ、肌にはいらない老廃物がたまってシミやくすみを作ります。30代が来たら、早めに対策を取ることが必要です。
目元に出来るシミに効果が高いものを選ぶ
鏡を見た時に目の下にシミがあることを見つけてがっかりしたことがある人は多いです。30代になって初めて目の下のシミが気になるようになり、がっかりする人もいます。目の下のシミは、美白化粧品を使えば解消することができます。
妊娠中や出産後にできたシミに効果があるコスメを選ぶ
30代から40代の女性は妊娠中、または出産を経て一番忙しい時を迎えています。ふと気がついたらしみやくすみができていることに気がつく方も多いです。気が付いたら早めに美白化粧品を使って美白ケアを始めましょう。