美白化粧品選びで脂性肌の方が気を付けることは?

脂性肌の方の化粧品選びのポイント

MENU
脂性肌の方の化粧品選びのポイント

脂性肌の方の化粧品選びのポイント

脂性肌と聞くとニキビがたくさんできる思春期の肌を思い浮かべる方は多いですが、脂性肌になりやすい時期は、思春期の他に、30代から40代があります。30代から40代の時期に、脂性肌はしっかり対策をしておかないと美肌を維持することは難しいですから、美白化粧品を選ぶときは、脂性肌を悪化させず、普通肌に近づける効果のあるものを選びましょう。

 

30代以降の脂性肌の原因はどこにあるの?

食生活の乱れ

30代以降の女性でパンや肉類、ケーキなどを好む方は脂質のとりすぎになりやすいです。これらの食物の中には飽和脂肪酸が多く、食べることによって毛穴をつまらせます。余分な皮脂はしっかり分泌されていれば問題がないのですが、分泌が不十分ですと人は脂性肌になってしまいます。

 

生活習慣の乱れ

30代から40代の女性は毎日忙しいために睡眠が不足しがちですし、規則正しい生活を送ることができないためにストレスもたまりやすいです。このままの生活を続けていてはホルモンのバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されるようになり、脂性肌になります。

 

30代以降の脂性肌のケアに必要なこととは?

脂性肌の方は皮脂の存在が気になるために、ついゴシゴシ力を入れて洗顔をしてしまいます。その結果、皮脂を取ることはできますが肌は傷ついてしまいますし、体はかえって必要が無いほど皮脂を分泌してしまって脂性肌がなかなか治りません。

 

30代、40代だけの話ではありませんが、脂性肌の方であっても人はある程度の皮脂量は必要なのですから、洗顔は優しくして余分な皮脂だけを摂るようにしてください。そして洗顔した後は水分がなくなって、肌が皮脂を分泌しようとしてしまいますから、保湿はしっかり行っておきましょう。

 

脂性肌の方はどんな美白化粧品を選ぶべき?

脂性肌は肌を触るとベタベタするだけに水分は保持できているのは?と思うかもしれませんが、肌を調べてみますと表面はべたついていても肌の奥は乾燥していることが多いです。美白化粧品を選ぶときは、美白効果以外に保湿成分が豊富に入っているものを選びましょう。そのうえで、べたつきがないさらっとしたつけ心地の美白化粧品を使い続ければ、だんだんと肌が潤ってベタつきがなくなってきます。

 

美白化粧品をつけた時に肌がしっとりしていることは良いのですが、べたつきがあっては肌トラブルを起こす元です。美白化粧品はまず試してみて、肌がべたつくかどうかを調べてから使うようにしてください。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

大人ニキビのできている肌に合う美白化粧品とは?
もうニキビはおさまったから大丈夫と安心していたら、30代から40代にかけて再び急に出てくるのが大人ニキビです。大人ニキビは繰り返しやすいことが特徴ですから、ケアをして行いといつまでたっても治りません。30代以降の肌には美白化粧品の中に大人ニキビを治す効果が入っていることが望ましいです。
乾燥肌に合うのはどんなコスメ?
30代を過ぎた乾燥肌の方から、美白化粧品を使ったために肌の乾燥がひどくなってしまったという話をよく聞きます。美白効果がいくら高くても、肌がカサカサになってしまう美白化粧品を使うわけにはいきません。乾燥肌の方は、美白化粧品を選ぶときに十分に注意することが必要です。
敏感肌の方が注意したいポイント
肌が敏感なために美白をしたくても美白化粧品を選ぶときに良い効果が有るものではなく、敏感肌に刺激を与えないものを選ぶことは多いです。刺激がないことだけに笑点を選んで基礎化粧品を選んでしまいますと、敏感肌の方は肌トラブルを起こしますので大変です。
混合肌はここに注意!
部分的に乾燥した部分とべたつく部分がある混合肌の方は、美白化粧品を選ぶことが非常に難しいです。2つの性質を持っていることから、乾燥肌用と脂性肌用、どちらに合わせて美白化粧品を選ぶべきなのか、それとも両方手に入れて場所によって使い分けるべきなのか、悩みます。混合肌の方はどのような美白化粧品を使えばよいのでしょうか?