敏感肌に合うのはどんな美白化粧品なの?

敏感肌の方が注意したいポイント

MENU
敏感肌の方が注意したいポイント

敏感肌の方が注意したいポイント

肌が敏感なために美白をしたくても美白化粧品を選ぶときに良い効果が有るものではなく、敏感肌に刺激を与えないものを選ぶことは多いです。刺激がないことだけに焦点をあてて基礎化粧品を選んでしまいますと、敏感肌の方は肌トラブルを起こしますので大変です。

 

30代をすぎて急に肌が敏感になる理由とは?

加齢

年齢とともに肌の水分量は減少して乾燥しやすくなるのですが、乾燥が進めば肌はちょっとした刺激にも弱い敏感肌へと変わっていきます。

 

お手入れ方法の間違い

30代から40代になったというのに20代の頃までと同じようなお手入れを続けていては、肌に合わないお手入れをしていることになります。汚れを取りたいからと皮膚を強くこすってしまうこともありますし、時間を省くためなどに化粧水しか使わないという方もいらっしゃいます。しかし、このままでは肌の乾燥が進み、肌が敏感になりやすくなるだけです。

 

30代をすぎた敏感肌の方に必要な基礎化粧品の選び方は?

まず気をつけたいのは肌に刺激となる成分が含まれていないかを十分にチェックすることです。美白をすることが最優先だからと肌をそのまま放っておけば肌トラブルを起こすだけですから、化粧品選びは慎重に行わなければいけません。

 

まずは無添加のものかどうか調べましょう。添加物が入っている美白化粧品は敏感肌の方にとってかなり危険です。刺激の強い化粧品が少し入っているだけでも赤みが出たりしますから、肌に優しい成分で作られているものを選びましょう。そのうえで、新陳代謝を良くしてくれる基礎化粧品がおすすめです。

 

敏感肌の方が美白化粧品を選ぶときに気をつけることは?

美白化粧品は多くの種類が売られていますが、自分の肌質に合う美白化粧品なのか、使う前にお確かめください。敏感肌で少しの刺激にも弱いという方は、敏感肌用の美白化粧品でなければ、効果が出ないどころか反対の結果となります。ただ美白するというだけでなく、肌の炎症を広げないようにして肌のバリア機能を高めることが出来るのか、確かめましょう。

 

美白効果の高い成分にハイドロキノンなどがありますが、ハイドロキノンは美白効果が高い分だけ痒みなどの副作用も報告されています。しかし、敏感肌でも使うことが出来るように、最近では安定型ハイドロキノンが化粧品の中に取り入られ始めました。安定型ハイドロキノンであれば使い心地もよく、敏感肌の方がピリピリした刺激を感じることもありませんので安心してください。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

脂性肌の方の化粧品選びのポイント
脂性肌と聞くとニキビがたくさんできる思春期の肌を思い浮かべる方は多いですが、脂性肌になりやすい時期は、思春期の他に、30代から40代があります。30代から40代の時期に、脂性肌はしっかり対策をしておかないと美肌を維持することは難しいですから、美白化粧品を選ぶときは、脂性肌を悪化させず、普通肌に近づける効果のあるものを選びましょう。
大人ニキビのできている肌に合う美白化粧品とは?
もうニキビはおさまったから大丈夫と安心していたら、30代から40代にかけて再び急に出てくるのが大人ニキビです。大人ニキビは繰り返しやすいことが特徴ですから、ケアをして行いといつまでたっても治りません。30代以降の肌には美白化粧品の中に大人ニキビを治す効果が入っていることが望ましいです。
乾燥肌に合うのはどんなコスメ?
30代を過ぎた乾燥肌の方から、美白化粧品を使ったために肌の乾燥がひどくなってしまったという話をよく聞きます。美白効果がいくら高くても、肌がカサカサになってしまう美白化粧品を使うわけにはいきません。乾燥肌の方は、美白化粧品を選ぶときに十分に注意することが必要です。
混合肌はここに注意!
部分的に乾燥した部分とべたつく部分がある混合肌の方は、美白化粧品を選ぶことが非常に難しいです。2つの性質を持っていることから、乾燥肌用と脂性肌用、どちらに合わせて美白化粧品を選ぶべきなのか、それとも両方手に入れて場所によって使い分けるべきなのか、悩みます。混合肌の方はどのような美白化粧品を使えばよいのでしょうか?