乾燥肌でも使える美白化粧品はあるの?

乾燥肌に合うのはどんなコスメ?

MENU
乾燥肌に合うのはどんなコスメ?

乾燥肌に合うのはどんなコスメ?

30代を過ぎた乾燥肌の方から、美白化粧品を使ったために肌の乾燥がひどくなってしまったという話をよく聞きます。美白効果がいくら高くても、肌がカサカサになってしまう美白化粧品を使うわけにはいきません。乾燥肌の方は、美白化粧品を選ぶときに十分に注意することが必要です。

 

30代から40代で肌の乾燥が進む理由とは?

加齢

若いころは肌のバリア機能がしっかりしていますから、肌の水分量は一定に保たれています。しかし、年齢とともに肌のバリア機能は弱くなっていきますから、肌は水分を保つことができず、乾燥が進んでいきます。

 

不規則な生活習慣やストレス

30代から40代の女性は私生活で、または仕事で責任が重くなり寝不足になりがちです。いろいろと忙しい毎日を送っているためにストレスがたまって肌の状態が悪くなり、乾燥が進んでいきます。

 

30代以降の乾燥肌の女性に必要な保湿対策とは?

30代以降の乾燥肌の女性の肌から失われているのはヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分です。もともと人間の肌に存在しているヒアルロン酸やセラミドは年齢とともに減少しますので、保湿成分が入った基礎化粧品を探して、保湿対策をすべきです。

 

保湿効果が高い成分が入った基礎化粧品はいくつかありますが、乾燥している時の肌は刺激に弱い状態です。保湿効果が高かったとしても肌に刺激が強すぎるものは使うことができませんから、肌に優しい成分で作られている基礎化粧品を使って、そっと保湿対策を続けましょう。

 

30代以降の乾燥肌の方はどんな美白化粧品を選ぶべき?

美白効果の高い美白化粧品を調べてみますと、乾燥肌にとっては刺激が強い成分が入っているものもあります。美白で来ても肌がカサつけばトラブルが増えるもとですので、保湿効果がある美白化粧品かどうかをまずチェックしてください。

 

セラミドやヒアルロン酸などが入っていて、しかも美白に効果が高い美白化粧品もありますから、あきらめずに肌に優しくて効果の高い美白化粧品を探してください。

 

30代は肌の機能が一気に弱ってくる時ですが、美白のためには自分の肌を紫外線に負けない強い肌に変えなければいけません。そのために必要な物は保湿です。

 

肌は乾燥していればバリア機能も弱いですし、肌はすぐにトラブルを起こしてしまいます。乾燥肌は老化が進むのも早いため、保湿力が高く、しかも外の刺激から大事な肌を守ることが出来る美白化粧品を選びましょう。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

脂性肌の方の化粧品選びのポイント
脂性肌と聞くとニキビがたくさんできる思春期の肌を思い浮かべる方は多いですが、脂性肌になりやすい時期は、思春期の他に、30代から40代があります。30代から40代の時期に、脂性肌はしっかり対策をしておかないと美肌を維持することは難しいですから、美白化粧品を選ぶときは、脂性肌を悪化させず、普通肌に近づける効果のあるものを選びましょう。
大人ニキビのできている肌に合う美白化粧品とは?
もうニキビはおさまったから大丈夫と安心していたら、30代から40代にかけて再び急に出てくるのが大人ニキビです。大人ニキビは繰り返しやすいことが特徴ですから、ケアをして行いといつまでたっても治りません。30代以降の肌には美白化粧品の中に大人ニキビを治す効果が入っていることが望ましいです。
敏感肌の方が注意したいポイント
肌が敏感なために美白をしたくても美白化粧品を選ぶときに良い効果が有るものではなく、敏感肌に刺激を与えないものを選ぶことは多いです。刺激がないことだけに笑点を選んで基礎化粧品を選んでしまいますと、敏感肌の方は肌トラブルを起こしますので大変です。
混合肌はここに注意!
部分的に乾燥した部分とべたつく部分がある混合肌の方は、美白化粧品を選ぶことが非常に難しいです。2つの性質を持っていることから、乾燥肌用と脂性肌用、どちらに合わせて美白化粧品を選ぶべきなのか、それとも両方手に入れて場所によって使い分けるべきなのか、悩みます。混合肌の方はどのような美白化粧品を使えばよいのでしょうか?