混合肌の美白化粧品選びはどこに気を付けたらいいの?

混合肌はここに注意!

MENU
混合肌はここに注意!

混合肌はここに注意!

部分的に乾燥した部分とべたつく部分がある混合肌の方は、美白化粧品を選ぶことが非常に難しいです。2つの性質を持っていることから、乾燥肌用と脂性肌用、どちらに合わせて美白化粧品を選ぶべきなのか、それとも両方手に入れて場所によって使い分けるべきなのか、悩みます。混合肌の方はどのような美白化粧品を使えばよいのでしょうか?

 

混合肌の方の肌の特徴は?

口元や目元は乾燥している

口元や目元の皮膚は非常に薄く水分を保持することが難しい場所です。ですから、混合肌の方は口元や目元の部分がカサカサしていることが多いです。肌が乾燥していると、メラニンが必要以上に作られてしまいますので、シミができやすいです。

 

額から鼻にかけてのTゾーンがべたついている

肌の他の部分はカサつきがちなときでも、額から鼻にかけてのTゾーンだけは皮脂が多くべたついていることは多いです。皮脂が過剰に分泌されていますと毛穴にも皮脂が詰まってしまいますので、美白化粧品を使っても成分が置くまで届きません。

 

混合肌の方におすすめの美白化粧品の選び方は?

混合肌の方は表面にべたついた部分が多かったとしても、肌の内部は乾燥して水分が足りない状態であることが多いです。ですから美白化粧品を選ぶときは、美白効果はもちろんのことですが、肌の調子を良くするために保湿成分が豊富に入っているものを選びましょう。保湿力のある美白化粧品を使って優しくお手入れを続けていけば、肌の状態が整いますから美白効果をより得られるようになりますよ。

 

混合肌の方は場所によって化粧品の成分が浸透しにくいところがあります。浸透しにくいからと力を入れて塗りこむと肌の調子を崩してしまいますから、保湿効果が高くて肌の奥まで保湿成分や美白成分が届くように、成分を細かくして配合してある美白化粧品がおすすめです。

 

混合肌の方の上手な美白化粧品の使い方は?

混合肌だから脂性肌用と乾燥肌用の2種類の美白化粧品を使い分けなければいけないということはありません。化粧品を上手く使って、肌の状態をどの場所も同じ状態に保てるようにしましょう。

 

肌の全体には美白化粧水と美白美容液を使ってお手入れをしていきます。しかし、それだけでは肌の乾燥した部分はカサついてしまいますから、肌が乾燥している部分だけに加えて美白クリームをつけていきます。肌の状態を見ながら、美白クリームの量を考えてケアを続けていけば、顔全体の肌の調子が均等に整えられますから、お手入れがしやすくなります。毎日自分の肌の調子を見ながら美白クリームの量を調節してください。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

脂性肌の方の化粧品選びのポイント
脂性肌と聞くとニキビがたくさんできる思春期の肌を思い浮かべる方は多いですが、脂性肌になりやすい時期は、思春期の他に、30代から40代があります。30代から40代の時期に、脂性肌はしっかり対策をしておかないと美肌を維持することは難しいですから、美白化粧品を選ぶときは、脂性肌を悪化させず、普通肌に近づける効果のあるものを選びましょう。
大人ニキビのできている肌に合う美白化粧品とは?
もうニキビはおさまったから大丈夫と安心していたら、30代から40代にかけて再び急に出てくるのが大人ニキビです。大人ニキビは繰り返しやすいことが特徴ですから、ケアをして行いといつまでたっても治りません。30代以降の肌には美白化粧品の中に大人ニキビを治す効果が入っていることが望ましいです。
乾燥肌に合うのはどんなコスメ?
30代を過ぎた乾燥肌の方から、美白化粧品を使ったために肌の乾燥がひどくなってしまったという話をよく聞きます。美白効果がいくら高くても、肌がカサカサになってしまう美白化粧品を使うわけにはいきません。乾燥肌の方は、美白化粧品を選ぶときに十分に注意することが必要です。
敏感肌の方が注意したいポイント
肌が敏感なために美白をしたくても美白化粧品を選ぶときに良い効果が有るものではなく、敏感肌に刺激を与えないものを選ぶことは多いです。刺激がないことだけに笑点を選んで基礎化粧品を選んでしまいますと、敏感肌の方は肌トラブルを起こしますので大変です。