美白化粧品はどんなシミに効果的なの?

ニキビなど炎症が原因のシミに効果的

MENU
ニキビなど炎症が原因のシミに効果的

ニキビなど炎症が原因のシミに効果的

思春期ニキビと違い、大人ニキビは何度も繰り返して炎症がひどくなってしまうことが多いです。一度ひどくなった炎症はおさまってもシミとなって肌に残ります。そんなニキビ跡によるシミをなんとかしてもらいたいと思っている30代以上の方に使っていただきたいのが美白化粧品です。

 

ニキビ跡がシミになる原因はどこにあるの?

ニキビが治って炎症がしずまった後の肌には茶色っぽいシミが残ります。茶色っぽいシミを作った原因は、メラニン色素です。

 

ニキビの原因であるアクネ菌を対処しようと肌は自ら活性酸素を生成します。アクネ菌は活性酸素に負けてニキビはおさまるのですが、活性酸素はアクネ菌だけでなく肌を作る細胞まで壊していきます。肌は活性酸素から肌を守ろうとメラニン色素を分泌し、それが沈着したものがニキビ跡です。

ニキビ跡のシミはだんだん濃くなってしまうの?

20代までの若いころは新陳代謝が良いために、すぐに肌は新しく生まれ変わります。肌が生まれ変わりを続けていけば、だんだんとニキビ跡も薄くなってすぐにわからなくなります。

 

けれど30代以降の方は新陳代謝が悪くなっていきます。そうなれば肌の生まれ変わるまでの時間もかかりますから、一度できてしまったシミはなかなか消えません。

 

シミを目立たなくさせようとファンデーションを厚塗したりすれば、それがストレスになってさらにシミは濃くなります。そればかりか、肌が紫外線を浴びるうちに段々と濃くなってきて、ますますシミの解消が難しくなってしまいます。

 

ニキビ跡のシミは放っておくと状況が悪くなるばかりですから、できるだけ早いうちに対策を始めなければいけません。

美白化粧品を使うとニキビ跡のシミは消すことが出来るの?

美白化粧品を上手に選んで使えば、いつまでも消えずに残っているしつこいニキビ跡のシミを消すことができます。

 

ニキビ跡のシミに効果が高いと言われているのはビタミンC誘導体などが入った美白化粧品です。年齢とともに肌は新陳代謝が悪くなっていますから、シミを消すためには新陳代謝を良くして肌を生まれ変わらせる必要があります。

 

ニキビ跡が残っている肌は敏感になっていますし、肌が硬くなっていて成分が届きにくいです。しかし、肌の奥まで成分が届くように工夫されていて、しかも敏感肌でも安心して使える美白化粧品はあります。そういった美白化粧品を使って毎日優しくケアを続けていけば、ニキビ跡もおさまって綺麗な美肌を取り戻すことができます。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

日焼けの後に残ったシミ
突然シミができていることに気がついた場合、その原因は日焼けが原因のことが多いです。日焼けによる肌のシミは何年もたって30代を過ぎたら突然あらわれることがあります。日焼けによるシミをなんとかしたいという方は、美白化粧品に頼りましょう。
目の下などに多い肝斑
シミにもいくつかの種類がありますが、目の下にできやすいシミの一つが肝斑です。ぼんやりとしたシミが特徴の肝斑ですが、肝斑は30代になるとできやすく60代ぐらいになると消えてきます。肝斑を消したい30代以上の女性におすすめなのが美白化粧品です。