美白化粧品は「肝斑」に効果があるの?

目の下などに多い肝斑にも美白化粧品が効果的

MENU
目の下などに多い肝斑にも美白化粧品が効果的

目の下などに多い肝斑にも美白化粧品が効果的

シミにもいくつかの種類がありますが、目の下にできやすいシミの一つが肝斑です。ぼんやりとしたシミが特徴の肝斑ですが、肝斑は30代になるとできやすく60代ぐらいになると消えてきます。肝斑を消したい30代以上の女性におすすめなのが美白化粧品です。

 

肝斑が出来る原因とは?

肝斑が出来る原因についてはしっかり解明されてはいません。しかし、肝斑は妊娠した方、または避妊薬を飲んでいる方が出来やすいという結果がありますので、女性ホルモンが影響していると言われています。実際に肝斑が出来る方は女性が多いので、女性ホルモンが影響していることは間違いないでしょう。

 

また、肝斑はストレスをためると症状が悪化することがわかっていますから、ストレスも肝斑の原因の一つになることも指摘されています。

 

肝斑と普通のシミの区別はどこにある?

肝斑が普通のしみと区別されるようになったのは、ごく最近のことです。これまでは同じシミと呼ばれていたのですが、肝斑と普通のシミの大きな違いは、肝斑が紫外線によってできるわけではないというところです。

 

もう一つ、肝斑は女性ホルモンが原因となってできるシミですから、女性ホルモンの分泌が減ってしまう60代になればおさまってしまいます。普通のシミは60代以降も増え続けるのですが、肝斑は閉経後は薄くなるか消えてしまうことが多いです。

 

肝斑は美白化粧品できれいにすることが出来る?

60代になると薄くなるか消えると言われても、肝斑のシミは薄く顔に広がりますから、お化粧で隠すことは難しく老け顔の原因となります。肝斑のシミをなんとかしたいという方は、美白化粧品の美白成分に頼りましょう。

 

肝斑は女性ホルモンが原因で出来るシミですが、漂白機能がある美白成分があれば薄くすることができます。漂白機能がある美白成分として知られているのがハイドロキノンです。ハイドロキノンが含まれている美白化粧品の中でも、肌の奥深くまでハイドロキノンが届くように作られた浸透性の高い美白化粧品を選んでください。

 

ハイドロキノンは強い成分ですのでそのまま使うと肌にはかなりの刺激があります。30代以降の肌は敏感になっていますからハイドロキノンの効果を得る前に刺激に負けてしまって肌の状態を悪化冴えることがあります。

 

ですから、ハイドロキノン入りの美白化粧品を選ぶときは、配合量だけでなく刺激がないように工夫されて作られているかどうかをチェックしてください。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

ニキビなど炎症が原因のシミ
大人ニキビは何度も繰り返して炎症がひどくなってしまうことが多いです。一度ひどくなった炎症はおさまってもシミとなって肌に残ります。そんなニキビ跡によるシミをなんとかしてもらいたいと思っている30代以上の方に使っていただきたいのが美白化粧品です。
日焼けの後に残ったシミ
突然シミができていることに気がついた場合、その原因は日焼けが原因のことが多いです。日焼けによる肌のシミは何年もたって30代を過ぎたら突然あらわれることがあります。日焼けによるシミをなんとかしたいという方は、美白化粧品に頼りましょう。