美白化粧品は毛穴の悩みにも効果があるの?

毛穴を引き締めて黒ずみを作らない

MENU
毛穴を引き締めて黒ずみを作らない

毛穴を引き締めて黒ずみを作らない

どれだけ美白効果の高い化粧品を使っていても、肌の毛穴が開いていて汚れが詰まっていると美肌とはいえません。
毛穴が詰まった状態で放っておけば、肌荒れが進みますし美肌は手に入りません。
30代から40代の方が美白化粧品を選ぶときは、ただ美白効果が高いものよりも黒ずみを除去する効果があるものが求められます。

 

毛穴の黒ずみの原因は?

毛穴に黒ずみを作っている原因は角栓です。
古い角質や老廃物が毛穴から外に出ることができずにたまると角栓が出来るのですが、その角栓が詰まったままで酸化すると黒くなって黒ずみとなります。
黒ずみは一旦できてしまうと普通の洗顔ではなかなか取ることができず、厄介な存在です。

 

紫外線が当たると毛穴の黒ずみも悪化するの?

肌の再生を促す成分がコラーゲンやエラスチンです。
コラーゲンやエラスチンが働くおかげで肌は新しく生まれ変わり、黒ずみができていた肌も段々と美肌に近づいていきます。しかし、紫外線が当たるとコラーゲンやエラスチンの生成が妨げられてしまいます。

 

30代から40代の肌は肌に元来あるコラーゲンの量の減少が激しい時期ですから、新しくコラーゲンやエラスチンが出来なければ肌も上手に生まれ変わることが出来ませんから、皮膚はハリを失い、毛穴は開きます。開いた毛穴に老廃物が更に貯まってしまいますから、毛穴の黒ずみは紫外線に当たれば当たるほどひどくなってしまうのです。

 

紫外線と毛穴の黒ずみは関係ないように見えますが、紫外線が当たるために毛穴の開きが目立ってしまうのです。毛穴を引き締めるために、しっかりしたケアが必要です。

 

美白化粧品には毛穴を引き締める効果があるの?

美白化粧品によく使われているビタミンC誘導体には毛穴を引き締める効果もあります。
毛穴が引き締まれば老廃物などが毛穴に残ることもありませんから、黒ずみもだんだんと消えて目立たなくなります。

 

まずはお風呂などでしっかり毛穴を開かせてから洗顔をして老廃物などを洗い流してください。
その後で美白化粧品を使えば効果が置くまでしっかり働いて毛穴を引き締めて、美容効果だけを肌の奥まで届けます。
毛穴の汚れを取り除いた後は、毛穴がこれ以上開き続けて汚れをためこんで黒ずみを起こさないようにしっかり化粧品を付けましょう。

 

20代の頃とは違い、30代になった肌は化粧品の助けを借りなければ美肌を維持することは出来ません。いくら白い肌でも毛穴にポツポツ黒ずみがあったらきれいとは言えませんから、時間がないからと適当にお手入れを済ませることは止めてください。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

メラニン色素の生成を抑える
紫外線を浴びると体は紫外線の刺激を抑えようとメラニン色素を生成するよう働きかけます。メラニン色素は将来シミやくすみを作る原因ですから、美白化粧品を使って抑えることが必要です。
シミの原因となる色素の沈着を防ぐ
シミを増やしたくなければ、シミのもととなるものを抑制するだけでなくシミがすぐに消えるような肌を作らなければいけません。すでにシミが濃く肌に沈着してしまっていたら消すことは困難です。美白化粧品にはシミを沈着させない成分が必要です。
潤いを与えてシミができない強い肌を作る
美肌を維持したい人にとって肌の乾燥は敵です。肌が乾燥したままでいるとシミができやすくなりますから、状態は悪化するばかりです。シミができない強い肌を作るためには、化粧品を使ってしっかりケアすることが必要です。