美白化粧品はメラニン色素の生成に働きかけることができるの?

メラニン色素の生成を抑える

MENU
メラニン色素の生成を抑える

メラニン色素の生成を抑える

人は常に紫外線に肌をさらしています。
紫外線を浴びると体は紫外線の刺激を抑えようとメラニン色素を生成するよう働きかけます。
メラニン色素は将来シミやくすみを作る原因ですから、美白化粧品を使って抑えることが必要です。

 

紫外線は家にいたら浴びなくてすむ?

外に出て日光の下に肌をさらせば紫外線を浴びることは当然なのですが、家の中に入っていたら紫外線を浴びなくても住むのではないか、と思う方は多いです。
しかし、残念ながら家の中にいればすべての紫外線から肌を守れるわけではありません。

 

もちろん家の中と外では紫外線の量が違いますが、薄いガラス程度でしたら紫外線は窓を通り抜けて家の中まで入り込みますから紫外線を予防することはできません。
天気や場所によって紫外線の量は違いますが、いずれにせよ屋内に一日中いたとしても紫外線を浴びないことはありますから注意が必要です。

 

30代から40代の肌は紫外線に弱くなっている?

25歳の肌の曲がり角よりも前の若い肌は紫外線に負けることがありません。
新陳代謝が良いためすぐに新しい肌に生まれ変わることができますので、紫外線の影響を受けにくいのです。

 

しかし30代から40代になると新陳代謝は急に悪くなりますから紫外線にも弱くなっています。
そのため20代の頃と同じ生活を送っていれば、紫外線はメラニン色素となり肌にシミを作る原因となります。

 

美白化粧品を使えばメラニン色素の生成を抑えることが出来る?

美白化粧品は、今あるシミを薄くするだけでなく、メラニン色素がこれ以上生成されることがないよう肌を守ることが可能です。
美白化粧品の中には多くの美白成分が入っていますが、その中でも新しくメラニンが生成できないように抑える働きがある成分がビタミンC誘導体やハイドロキノンです。
どちらも紫外線を浴びてもメラニン色素を生成しないように肌を守ります。

 

肌の生まれ変わりが早かったために美白対策をそれほどしなくても肌がくすんだりシミができたりすることは少なかった20代の肌も、30代から40代になれば一度できたシミがなかなか落ちないため大変です。

 

メラニン色素を新たに作らないように美白効果が高く、それでいても肌に影響を与える強い成分で作られていない美白化粧品を使って丁寧にお手入れを続けていきましょう。
ランキング上位の人気の美白化粧品の中にはビタミンCもハイドロキノンも肌に浸透しやすい形で入っていますので安心です。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

シミの原因となる色素の沈着を防ぐ
シミを増やしたくなければ、シミのもととなるものを抑制するだけでなくシミがすぐに消えるような肌を作らなければいけません。すでにシミが濃く肌に沈着してしまっていたら消すことは困難です。美白化粧品にはシミを沈着させない成分が必要です。
潤いを与えてシミができない強い肌を作る
美肌を維持したい人にとって肌の乾燥は敵です。肌が乾燥したままでいるとシミができやすくなりますから、状態は悪化するばかりです。シミができない強い肌を作るためには、化粧品を使ってしっかりケアすることが必要です。
毛穴を引き締めて黒ずみを作らない
毛穴が詰まった状態で放っておけば、肌荒れが進みますし美肌は手に入りません。30代から40代の方が美白化粧品を選ぶときは、ただ美白効果が高いものよりも黒ずみを除去する効果があるものが求められます。