美白化粧品の成分「アルブチン」の特徴・効果は?

アルブチンの特徴と効果

MENU
アルブチンの特徴と効果

アルブチンの特徴と効果

いくら美白効果が高くても、肌に刺激が強すぎると使い続けることに問題が生じます。美白成分がいくつかある中でも、最近注目を受けて多くの美白化粧品の中にも使われるようになった成分がアルブチンです。アルブチンは刺激も弱いため、肌が弱くなってきた30代以降の女性にもおすすめです。

 

アルブチンとは?

アルブチンはメラニンの生成を抑える力があります。メラニンは肌が紫外線を受けた時に肌を守るために分泌される成分なのですが、シミのもとになってしまいますので肌を守るために押さえなければいけません。

 

メラニンを黒くするのはメラニンの酸化が原因なのですが、メラニンの酸化を促すのが酵素のチロシナーゼです。アルブチンはチロシナーゼを作らないように抑える働きがありますので、メラニンは酸化することなく肌が黒くなることはありません。

 

アルブチンは肌が紫外線を受ける前の予防として効果を発揮するだけでなく、メラニンを抑えて肌が黒くなることを抑えますので紫外線を受けた後でも効果があります。

アルブチンは肌に優しいの?

美白効果が高い成分として知られているものにハイドロキノンがありますが、ハイドロキノンは効果が高い分だけ刺激も強いと言われています。

 

人は常に紫外線を浴びていますから肌は弱くなっています。特に30代を過ぎると肌のバリア機能は弱くなっているために、肌に強い化粧品では肌の状態を悪化させる危険もあります。

 

しかし、アルブチンは植物性の成分ですし、非常に低刺激です。肌荒れをすぐに起こしてしまう方、または肌がいつもカサカサしているという30代以降の女性でも安心して使い続けることができます。

アルブチンの効果を上げるための成分とは?

アルブチンの効果をさらに上げるためにはビタミンCの力が効果が必要です。ビタミンCには肌の代謝を促してシミが沈着しないように防ぐ力があります。そしてアルブチンには酵素のチロシナーゼに働きかけてメラニンが黒くなることを抑える働きがあります。

 

アルブチンとビタミンCはそれぞれ別の形でシミに働きかけますから、その相乗効果で美白効果は非常に高くなります。効果が高いとされている美白化粧品の中には、アルブチンとビタミンCが両方配合されているものも多いです。

 

30代以降の肌は代謝も悪くなっているためにシミが消えにくいですし、肌が弱っているために強い成分を使い続けることも難しいです。アルブチンとビタミンCのWの力でしみを作らない美白化粧品で毎日ケアを続け、美白を守りましょう。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

ビタミンC誘導体の特徴と効果は?
フルーツを食べると肌はきれいになると言われますが、フルーツの中に多く含まれているビタミンCは美肌を作るために欠かせない成分の一つです。効果が高い美白化粧品の中には、ビタミンCを肌が吸収しやすい状態に作り変えたビタミンC誘導体が含まれています。
ハイドロキノンは美白効果の高い成分
30代以降の方がシミを無くすためには、これから出来るであろうシミを予防するだけでなく、今できているシミを薄くして消すことが求められます。効果が高いと評判が高い美白化粧品の成分を調べますと、漂白効果が高く今あるシミにも効果を発揮するハイドロキノンが含まれていることがわかります。
コラーゲンも重要!
人は30代から40代になると急に肌の調子が衰えてきますが、その原因は肌の栄養分が年齢とともに失われていくからです。元気をなくした肌はくすみやシミを作りやすくなりますから、美白のためにはコラーゲンを美白化粧品などを使って外から補充することが必要です。