美白化粧品に配合されている「 ビタミンC誘導体」ってどんな成分なの?

ビタミンC誘導体の特徴と効果は?

MENU
ビタミンC誘導体の特徴と効果は?

ビタミンC誘導体の特徴と効果は?

フルーツを食べると肌はきれいになると言われますが、フルーツの中に多く含まれているビタミンCは美肌を作るために欠かせない成分の一つです。効果が高い美白化粧品の中には、ビタミンCを肌が吸収しやすい状態に作り変えたビタミンC誘導体が含まれています。

 

ビタミンCのままでは成分を肌が吸収することができないの?

ビタミンCは成分が壊れやすく、非常に不安定に出来ています。ですから、そのままの状態で化粧品の中に閉じ込めていても、成分が壊れていて効果を発揮しないことが多いです。

 

成分が壊れずに肌の奥まで届いて美白効果を得るためには、ビタミンCのままではいけません。肌に吸収しやすいように改良されたビタミンC誘導体の力が必要です。

ビタミンC誘導体は肌にどのような効果を及ぼすの?

ビタミンCをただ細かくしただけでなく状態が安定するように改良されたビタミンC誘導体は、浸透性が良く肌の奥まで成分を届けます。ビタミンC誘導体が肌の奥に届けば、抗酸化作用で新陳代謝を促すだけでなくメラニンを還元して色素を沈着させないようにします。

 

肌のすみずみまでビタミンC誘導体がしっかり浸透すれば、代謝が促されて肌が元気に生まれ変わるだけでなく肌のたるみやシワも治まってきて、若々しい肌に変わります。30代から40代の元気を無くし始めている肌には、ビタミンC誘導体の力は重要です。

ビタミンC誘導体の効果を高めるために美白化粧品に必要なものは?

ビタミンC誘導体は美白効果は高いですが、皮脂の分泌を抑える効果もあります。そのため、敏感肌の方、または乾燥肌の方にとっては、ビタミンC誘導体が肌を刺激して、肌の状態を悪くしてしまうことがあります。

 

30代から40代の肌は、これまで普通肌だった方も水分量が少なくなって乾燥しがちですので、ビタミンC誘導体で肌の乾燥を悪化させる可能性が高いです。ビタミンC誘導体の効果を得て肌を美しく守るためには、肌の乾燥を防ぐ効果が必要ですので、美白効果が高いと言われている美白化粧品の中には保湿成分が一緒に配合されています。

 

美白化粧品を選ぶときはビタミンC誘導体が入っているかどうかだけでなく、保湿成分が豊富に含まれているものを選びましょう。またビタミンC誘導体は濃度が高ければ高いほど肌への刺激も大きいです。30代から40代の方は肌が不安定な方も多いですから、濃度の高さは加減して自分の肌に合うものを使うようにしてください。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

ハイドロキノンは美白効果の高い成分
30代以降の方がシミを無くすためには、これから出来るであろうシミを予防するだけでなく、今できているシミを薄くして消すことが求められます。効果が高いと評判が高い美白化粧品の成分を調べますと、漂白効果が高く今あるシミにも効果を発揮するハイドロキノンが含まれていることがわかります。
アルブチン
美白成分がいくつかある中でも、最近注目を受けて多くの美白化粧品の中にも使われるようになった成分がアルブチンです。アルブチンは刺激も弱いため、肌が弱くなってきた30代以降の女性にもおすすめです。
コラーゲンも重要!
人は30代から40代になると急に肌の調子が衰えてきますが、その原因は肌の栄養分が年齢とともに失われていくからです。元気をなくした肌はくすみやシミを作りやすくなりますから、美白のためにはコラーゲンを美白化粧品などを使って外から補充することが必要です。