美白化粧品の成分「ハイドロキノン」とは?

ハイドロキノンは美白効果の高い成分

MENU
ハイドロキノンは美白効果の高い成分

ハイドロキノンは美白効果の高い成分

30代以降の方がシミを無くすためには、これから出来るであろうシミを予防するだけでなく、今できているシミを薄くして消すことが求められます。効果が高いと評判が高い美白化粧品の成分を調べますと、漂白効果が高く今あるシミにも効果を発揮するハイドロキノンが含まれていることがわかります。

 

ハイドロキノンとは?

シミを作る原因となるのがメラニン色素です。メラニン色素が分泌されると、肌はくすみやしみを引き起こすのですが、メラニン色素を抑える働きがある成分がハイドロキノンです。

 

美白成分は他にもありますが、ハイドロキノンの美白効果は他の美白成分の10倍から100倍と非常に高い数字を示しています。非常に美白効果は高いのですが強い成分ということもあって以前は皮膚科でしか処方されなかったのですが、最近では化粧品の規制が緩和されたために、一般の美白化粧品の中にもハイドロキノンは配合されています。

ハイドロキノンを使う場合の注意点とは?

ハイドロキノンは最近まで病院の処方してもらわなければ得られなかった強い成分です。肌の弱い方は特に一度はパッチテストとして手に塗って様子を見るなどしてから使うようにしましょう。

 

もう一つ、ハイドロキノンは紫外線を浴びることでシミを濃くするという逆効果もあります。ハイドロキノンを使っているからこそ紫外線対策は大切ですから、家にいる時でも紫外線対策をしつつ、ハイドロキノンを使うようにしてください。

美白効果が高く肌にも優しいハイドロキノンとは?

ハイドロキノンの中でも、評判の良い人気の美白化粧品の中には安定型のハイドロキノンが配合されています。安定型のハイドロキノンとは、通常であれば熱や光に弱く安定していないハイドロキノンを、BCDACの力で熱や光に強いかたちに作り変えたものです。

 

ハイドロキノンを安定させる効果があるBCDACが合成された安定型ハイドロキノンを肌につければ、美白効果は高いままですが肌への刺激は抑えられていますので安心して使えます。

 

30代から40代の肌は不安定で、少しの刺激を受けても肌トラブルを起こしてしまいますし、一度肌の調子が悪くなってしまうとなかなか元の状態に戻ることはできません。

 

しかし、安定型ハイドロキノンが配合された美白化粧品ならば、肌への刺激は少なく美白効果だけがシミの原因を作っている肌の奥まで届かせますから、敏感な肌の方でも問題なく使い続けることができます。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

ビタミンC誘導体の特徴と効果は?
フルーツを食べると肌はきれいになると言われますが、フルーツの中に多く含まれているビタミンCは美肌を作るために欠かせない成分の一つです。効果が高い美白化粧品の中には、ビタミンCを肌が吸収しやすい状態に作り変えたビタミンC誘導体が含まれています。
アルブチン
美白成分がいくつかある中でも、最近注目を受けて多くの美白化粧品の中にも使われるようになった成分がアルブチンです。アルブチンは刺激も弱いため、肌が弱くなってきた30代以降の女性にもおすすめです。
コラーゲンも重要!
人は30代から40代になると急に肌の調子が衰えてきますが、その原因は肌の栄養分が年齢とともに失われていくからです。元気をなくした肌はくすみやシミを作りやすくなりますから、美白のためにはコラーゲンを美白化粧品などを使って外から補充することが必要です。