美白化粧品は日焼け後すぐに使いはじめてもいいの?

日焼けした後は、肌が落ち着いてきたら使いはじめるのがコツ

MENU
日焼けした後は、肌が落ち着いてきたら使いはじめるのがコツ

日焼けした後は、肌が落ち着いてきたら使いはじめるのがコツ

うっかり日焼けをしてしまうと、すぐになんとかしなければと美白化粧品を手に取る方は多いです。しかし、日焼けをしたところにすぐ美白化粧品を使えば、効果が現れるどころか、肌トラブルのもとになってしまいます。年齢とともに肌の回復力は弱っていますから、30台を過ぎたら特にお手入れには注意してください。

 

日焼けしてしまった時の肌の状態とは?

日焼けをした肌は赤くなりますが、それは肌が炎症を起こしている証拠です。日焼けした肌を触ってみますと、肌が熱を帯びて熱くなっていることがわかります。炎症を起こした肌はとても刺激に弱くなっていますので、そんな時に美白化粧品を使ってお手入れをしようとすると、刺激でひりひりするだけです。

 

日焼けをしてしまったら美白を守るためにすぐ必要なこととは?

日焼けした部分を水で冷やす

日焼けをして熱くなってしまった肌はまず冷やしてあげなければいけません。冷たいシャワーを浴びたり、冷たい水で濡らしたタオルを日焼けした箇所にあてましょう。肌を冷やすことで、日焼けでひりひりしていた肌も落ち着いてきます。

 

敏感肌用の保湿化粧水を使ってやさしくケアをする

日焼けをした肌は水分を失って乾燥しています。水分が失われたままでは肌トラブルがひどくなるだけですから、しっかり保湿をしましょう。敏感肌用の化粧水ならば肌に刺激が少ないですから、手にたっぷりつけて優しく付けて、ケアを続けてください。

 

日焼け後、美白化粧品はどのようにして使えばいい?

日焼けのヒリヒリがおさまって肌が落ち着いてきたら美白化粧品の出番です。肌の状態は落ち着いていても、これからのお手入れ次第で肌の状態はよくも悪くもなりますから、ここでしっかりケアをしていきましょう。

 

美白化粧品にはいろいろな成分が入っていますが、日焼け後の肌に効果的な美白化粧品の成分はビタミンCです。ビタミンCはそのままでは成分が肌の奥まで浸透しにくいです。そんなときのおすすめの美容成分はビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすく作り変えたものですから、肌の奥まで浸透しますからおすすめです。

 

ビタミンC誘導体の入った美白化粧品を使って優しくケアを続けていれば、美白を取り戻すことができます。30代を超えるといったん日焼けをしてから日焼けがおさまるまでには時間がかかるようになりますが、お手入れを途中でやめてしまっては効果が得られませんから頑張ってお手入れを続けましょう。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

すぐやめずに長く使い続けよう
鏡などでシミを見つけてしまえば、それからはシミのことが気になって仕方なくなります。できたシミをなんとかしようと美白化粧品を使いはじめる方は多いですが、美白化粧品は種類が多いですから効果がないと思ったら他の美白化粧品に変える繰り返しになっている方もいらっしゃいますが、美白化粧品は長く使い続けることが必要です。
しっかり洗顔しよう!
美肌を守るためには洗顔をしっかりすることが基本ですが、美白のためにも洗顔は非常に大切なものです。朝時間がないときは手抜きをしてしまいがちな洗顔ですが、美白を考えて毎日丁寧に洗顔するようにしてください。