美白化粧品の効果と洗顔方法の関係は?

しっかり洗顔しよう!

MENU
しっかり洗顔しよう!

しっかり洗顔しよう!

美肌を守るためには洗顔をしっかりすることが基本ですが、美白のためにも洗顔は非常に大切なものです。朝時間がないときは手抜きをしてしまいがちな洗顔ですが、美白を考えて毎日丁寧に洗顔するようにしてください。

 

適当な洗顔を続けていると肌はどうなってしまう?

顔は一日中外にさらされている部分ですから、皮脂や汗、ほこりなどがついています。洗顔をするときはファンデーションを取るだけでなく、それらの余分なものもしっかり撮らなければいけません。しかし、適当な洗顔を続けていると、肌には汚れなどがついたまま次の日を迎えることになります。汚れなどは酸化してくすみの元になり、30代、40代と年令を重ねるたびにくすみはひどくなります。

 

30代の美白のためにおすすめの洗顔料の選び方は?

成分が細かく毛穴の奥まで届くものを選ぶ

洗顔で必要なことは毛穴の奥に詰まった汚れまで取り去るということです。洗顔料を使っても成分が大きければ肌の表面しか洗うことができます。しかし、細かい泡が出る、またはクレイなど肌の奥まで入って汚れを吸着する成分が入った美白洗顔料であれば、肌の奥の汚れまでしっかり取り除けますのでおすすめです。

 

肌に刺激のある成分が入っていないものを選ぶ

洗顔料の中にもいろいろな成分が入っているものもありますが、美容効果が高い成分が入っていたとしても肌に刺激があるものは、肌トラブルを起こす可能性があります。洗顔料は毎日使い続けるものですから、30代を超えて肌が弱ってきたら肌に優しい刺激のない成分で作られたものを選びましょう。

 

美白に効果がある洗顔料の使い方は?

肌の汚れや皮脂を洗い流すためだといって肌に強い力を掛けてゴシゴシ洗えば、肌には刺激となってトラブルを起こすだけです。美白のためには力を入れて洗うというよりも丁寧に洗うことを心がけましょう。

 

まずは顔につける前にしっかり美白洗顔料を泡立てます。細かい泡が立つまで手の平いっぱいに泡を立てたら、やさしく汚れを包み込むようにして洗顔していきましょう。指を転がすように洗っていくことがポイントです。

 

若いころは乾いた肌にそのまま洗顔料をつけて洗っていたという方も多いでしょうが、30代を超えた肌には乾いた肌に直接泡をのせることは少し刺激となりますから、ぬるま湯で顔を濡らしてから洗顔料を付けてください。そして洗い流す時もぬるま湯を使うと、肌に優しく汚れや余分な皮脂だけを取り除くことができて美白につながります。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

すぐやめずに長く使い続けよう
鏡などでシミを見つけてしまえば、それからはシミのことが気になって仕方なくなります。できたシミをなんとかしようと美白化粧品を使いはじめる方は多いですが、美白化粧品は種類が多いですから効果がないと思ったら他の美白化粧品に変える繰り返しになっている方もいらっしゃいますが、美白化粧品は長く使い続けることが必要です。
日焼けした後は、肌が落ち着いてきたら使いはじめるのがコツ
うっかり日焼けをしてしまうと、すぐになんとかしなければと美白化粧品を手に取る方は多いです。しかし、日焼けをしたところにすぐ美白化粧品を使えば、効果が現れるどころか、肌トラブルのもとになってしまいます。年齢とともに肌の回復力は弱っていますから、30台を過ぎたら特にお手入れには注意してください。