美白化粧品は紫外線が原因のシミにも効果があるの?

紫外線などによるシミを消してくれる

MENU
紫外線などによるシミを消してくれる

紫外線などによるシミを消してくれる

人の肌は常に紫外線にさらされています。
20代の頃までは紫外線に負けない肌をしているのですが、30代を過ぎると肌は紫外線に負けてシミを作ってしまいます。
紫外線によるシミを消そうと多くの女性が美白化粧品の効果を頼りにしています。

 

紫外線対策が必要なのは夏だけではないの?

夏は日差しが強いですから、特に紫外線の肌への影響が気になる時です。
紫外線を防ぐ化粧品も、多く販売されますよね。
しかし紫外線は量は少なくなるとしても夏だけ注意すればいいものではありません。
30代から40代にかけては肌のバリア機能が一気に弱くなる時期ですから、紫外線の弱い季節であっても紫外線の影響を肌が受けやすいです。
30代以降の方は一年中紫外線対策をする必要があります。

紫外線対策は家の中でもしなければだめ?

紫外線は家の中にいればなくなるものではありません。
家の中にも太陽の光は差し込みますから、家の中にいるだけでも紫外線は浴びてしまうのです。

 

外に出かけるときは念入りにお化粧をして紫外線を防いだり、日傘や帽子などで紫外線を避けることが多いですが、家の中でも無防備のことも多いですよね。
たしかに外と比べて家の中の紫外線の量は少ないです。
しかし、30代以降の肌はバリア機能が弱いだけに、家の中の紫外線にも要注意です。

美白化粧品はどうやって肌を紫外線から守るの?

肌のシミの原因となるのがメラニン色素です。
メラニン色素は、肌が紫外線を浴びたことで肌から分泌され、沈着してシミとなります。
メラニン色素の分泌を抑える効果のある成分として知られているのはビタミンCです。

 

美白化粧品の成分を調べてみますと、ビタミンCが配合されているものが多いです。
ビタミンCは成分が大きいためにそのまま吸収することが難しいのですが、美白化粧品の中には、ビタミンC誘導体として肌が吸収しやすい形にして配合しているものもあります。

 

30代以降の肌はいくら効果が高い美容成分であっても、年齢とともに肌が硬くなってしまっているために肌が成分を吸収できないこともあります。
しかし、成分を工夫してビタミンC誘導体の形で配合されている美白化粧品ならば、成分が肌の奥までしっかり届きますから、肌の内側から成分が働いてメラニン色素を抑えます。
メラニン色素が抑えれれば肌はシミを作ることなく、くすみのあった肌も段々と透明肌に変わります。
美肌を守るために紫外線対策を考えている30代以降の方は、ビタミンC誘導体入りの美白化粧品を使って効果を実感してください。

美白化粧品の効果ランキングトップへ



関連ページ

肌に潤いを与えてくれる
美肌を維持するためには美白はもちろん、肌の潤いも気になります。潤いのないカサカサした肌は、いくら白くても美肌とはいえません。30代から40代にかけては一気に肌の水分量が少なくなる時期ですので、多くの女性が肌に潤いを与えてくれる美白化粧品を求めています。
血行を良くしてくれる
顔色が悪いと肌はくすんでしまいますから、お化粧してもきれいにはなりません。30代から40代の方は20代の時と比べると顔色が悪くなっていることも多く、美白と同じく若さと元気を取り戻すために血行を良くすることが求められます。
肌のくすみを取ってくれる
特に美白に関心の高い30代、40代の女性が美白化粧品に望んでいるのはどんなことでしょうか。30代から40代の女性が美白化粧品に望むことについてまとめました。
肌に優しい成分で作られている
普通肌の方でも30代を過ぎると肌は敏感になり、同じ美白化粧品を使っていても急に肌荒れを起こすことがあります。30代から40代のころは肌の状態が不安定ですから、美白効果は欲しいけれど肌に優しい成分で作られている化粧品を望んでいる方は多いです。